文字サイズ

標準
変更
帯状疱疹の症状や原因、予防に関する情報をお届けするサイトです。
監修:浅田秀夫先生(奈良県立医科大学 医学部 皮膚科学講座)

帯状疱疹の症状

初期症状は皮膚の痛みやかゆみ、
その後に発疹や
水ぶくれ(水疱)が帯状に現れます

帯状疱疹の症状には個人差がありますが、多くは、はじめに皮膚に神経痛のような痛みが起こります。痛みは、皮膚の違和感やかゆみ、しびれとして感じる程度から、ピリピリ、ズキズキ、チクチク、針で刺されたような痛みや、焼けるような痛みまで様々です。その後、水ぶくれ(水疱 すいほう)を伴う赤い発疹(ほっしん)が帯状に現れ、徐々に痛みが強くなり、眠れないほど痛むこともあります。強い痛みや皮膚の症状は体の左右のどちらかにみられ、3~4週間ほど続きます。

帯状疱疹の症状・写真

帯状疱疹はピリピリ、チクチクという痛みを伴い、写真のような水ぶくれなどが帯状に現れる 帯状疱疹はピリピリ、チクチクという痛みを伴い、写真のような水ぶくれなどが帯状に現れる

写真提供:奈良県立医科大学 医学部 皮膚科学講座 浅田秀夫先生

症状の多くは上半身にみられ、
顔や首に現れることもあります

症状は、神経の流れに沿って現れることから、主に体の左右のどちらかに帯状にみられます。主に腕や胸、背中など、多くは上半身にみられ、顔や首など見た目が気になるところに現れることもあります。

帯状疱疹の発症する体の部位

帯状疱疹は、上肢から胸背部に31.2%、顔面や頭部に17.6%も発症 帯状疱疹は、上肢から胸背部に31.2%、顔面や頭部に17.6%も発症

石川博康 他. 日皮会誌. 2003; 113(8): 1229-1239. より作図

家事や仕事などの日常生活に
影響し、
重症化すると
入院治療が必要になることもあります

帯状疱疹になると、痛みにより、家事ができない、仕事に集中できない、眠れないなど、日常生活に支障をきたすことがあります。また、顔や首に水ぶくれ(水疱)ができると、外見が気になって外出しづらくなることもあります。
帯状疱疹は、眼合併症や、中枢神経系合併症など重大な合併症を引き起こすことがあります。特に頭頸部の帯状疱疹は、重症の場合、失明や顔面麻痺、難聴を引き起こすことがあります。

例えば

  • 痛みがひどくて、体を動かせない 痛みがひどくて、体を動かせない

    痛みがひどくて、
    体を動かせない

  • 顔や首の発疹が気になって、外出できない 顔や首の発疹が気になって、外出できない

    顔や首の発疹が
    気になって、
    外出できない

  • 痛くて、家事や仕事ができない 痛くて、家事や仕事ができない

    痛くて、家事や
    仕事ができない

  • 痛みがひどくて、眠れない 痛みがひどくて、眠れない

    痛みがひどくて、
    眠れない

ページの先頭へページの先頭へ