文字サイズ

標準
変更
帯状疱疹の症状や原因、予防に関する情報をお届けするサイトです。
監修:浅田秀夫先生(奈良県立医科大学 医学部 皮膚科学講座)

帯状疱疹を予防する

帯状疱疹には、
予防するワクチンがあります

帯状疱疹は、水ぼうそう(水痘)に用いられているワクチンと同じワクチンで予防できます。
50歳以上の大人が帯状疱疹の予防で接種する場合は通常皮下に1回接種します。なお、子どもでは水ぼうそうの予防のために定期接種として2回接種します。
主に子どもの頃に水ぼうそうにかかったことがある人は、すでにこのウイルスに対する免疫を獲得していますが、年齢とともに弱まってしまうため、改めてワクチン接種を行い、免疫を強化してあげることで帯状疱疹を予防します。予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすむという報告があります1)

帯状疱疹と水ぼうそうは同じワクチンで予防できます 帯状疱疹と水ぼうそうは同じワクチンで予防できます

1)Oxman MN, et al. N Engl J Med. 2005; 352(22): 2271–2284.
※主に子どもに使われている水ぼうそう(水痘)ワクチンと同じワクチンが2016年3月より50歳以上の人に対する帯状疱疹の予防にも使えるようになっています。

病院検索

帯状疱疹の予防接種の
対象年齢は50歳以上です

帯状疱疹の発症率が50歳以上で増加し、50代、60代、70代と増加を続ける2)ことなどから、予防接種は50歳以上が対象となります。ワクチンは、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスの活動を抑え、帯状疱疹の発症や重症化を予防する目的で接種します。かかりつけの医師とご相談の上、接種をご検討ください。
※予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。

帯状疱疹の予防接種は50歳以上が対象となります 帯状疱疹の予防接種は50歳以上が対象となります

2)外山望. 日臨皮会誌. 2012; 29(6): 799-804.

病院検索

免疫を低下させないためにも、
日頃からの体調管理を心がけましょう

帯状疱疹の予防には、日頃の体調管理も重要です。食事や睡眠をきちんととり、適度な運動や、リラックスした時間をもつことでストレスを減らし、免疫力を低下させないように心がけましょう。

食事や睡眠をきちんととる 疲れたら休息する 適度な運動を心がける 食事や睡眠をきちんととる 疲れたら休息する 適度な運動を心がける
ページの先頭へページの先頭へ