知っておきたい!
帯状疱疹 Q&A

1.帯状疱疹は、他の人にうつりますか?

周囲の人に帯状疱疹としてうつることはありません。
しかし、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を保有していない人には感染する可能性があり、その場合は水ぼうそうを発症します。

2.帯状疱疹に2回かかることはありますか?

帯状疱疹になると、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する強い免疫がつきますが、かかった人のうち数%は再発するといわれています。

3.水ぼうそうにかかったことがあるかどうかわからないのですが、帯状疱疹になる可能性は?

帯状疱疹になる可能性はあります。水ぼうそうの症状が出ていなくてもウイルスが体内に入り込み、潜んでいる場合があります。日本の成人では、9割以上1)がこのウイルスを体内に持っているといわれています。
したがって、ほとんどの人は帯状疱疹になる可能性があります。

4.帯状疱疹にかかったら、どんな治療をするのですか?

ウイルスを退治する抗ウイルス薬や、痛みを抑える鎮痛薬などを使います。
抗ウイルス薬による治療は、できるだけ早く開始することが大切ですので、痛みを伴う発疹を見つけたら早めに受診してください。

5.予防接種について詳しく知りたいのですが。

帯状疱疹予防には、子どもの水ぼうそう(水痘)予防に用いられているワクチンと同じワクチンを使用します。50歳以上の方を対象とし、皮下に1回接種します。かかりつけの医師とご相談の上、接種をご検討ください。

※予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。
ページの先頭へページの先頭へ